SDGsへの取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは、すべての人々にとってよりよい、より持続可能な未来を築くための青写真です。貧困や不平等、気候変動、環境劣化、繁栄、平和と公正など、私たちが直面するグローバルな諸課題の解決を目指します。SDGsの目標は相互に関連しています。誰一人置き去りにしないために、2030年までに各目標・ターゲットを達成することが重要です。(国連広報センターより引用)

この目標達成にむけては、政府レベルのみならず、自治体、企業、個人などさまざまなレベルの人たちが自らできることを考え、積極的に連携して取り組むことによって実現できます。

プレスクでも「社会課題に本業を通じて取り組むことによって、より良い社会を創ることに貢献したい」との思いから、SDGsを会社の方針として取り組んでいます。

SDGsの17のゴールは、大きく「生物圏(環境)」に関する取り組み、「社会(人権など)」に関する取り組み、 そして「経済」に関する取り組みの3つの分野に分けられます。環境、社会、経済の調和のとれた発展が持続的な成長には欠かせないものである、という「トリプルボトムライン」の考え方が重要です。ストックホルム・レジリエンス・センター所長であるヨハン・ロックストローム氏が、SDGsの17の目標を「ウェディングケーキ」のようなモデルで説明しています。この図は、地球環境の基盤があることで、私たち人類社会、そして経済が成り立っているということを説明しています。

プレスクでは、この3つの分野に対しての取り組みを調和させることにより、社会課題の解決に社員全員が前向きに取り組んでいこうと考えています。

ウェディングケーキの3層については、次のように考えて推進しています。

 

経済

本業であるITサービスを通じて技術革新に貢献します

社会

プレスクで働く社員の働きがい、働きやすい職場・仕事を大切にします

環境

社員参加による社会貢献活動を通じて環境保全・改善に努めます

社長メッセージ

代表取締役 湯浅信

世界中の人々が様々な環境の中で共存できる社会へ発展するために
当社は持続可能な社会を作っていくSDGsの考え方は、これからの企業経営に不可欠なものであり、経営の根幹にすえるべきものと考えています。

国籍、性別、年齢、能力、生活環境、LGBTPQ、
多種多様な個性を認め合い、そして尊重、尊敬し合います。

私たちは本業のIT関連の業務でDXの社会を実現していくこと、
企業として適切な納税をすること、それに加えて環境、社会が持続できるよう、
温かい心をもって手を差し伸べられる組織でありたいと願っています。

オープンマインド、情報共有、共栄共存、小さな成功をみんなで喜び、
当社が関わる全ての人に感謝し「ありがとう」を増やしていきます。
世界の人々が笑顔に溢れ、幸せを共感できる様、社会に貢献し続けてまいりたいと思います。